FC2ブログ
11/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

5月29日【こころのケア班:31日目】とボランティア班 合同 

本日は日曜日の為、こころのケアはお休み。ボランティア6班と合同で瓦礫撤去活動へ
【陸前高田市 米崎小学校前田んぼの瓦礫処理】
8:30に陸前高田市のボランティアセンターにて受付を済ませ、マッチングといわれる場所決めがあり、センターからの指示にて、市内の小高町(被害が大きかった地域)の民家の瓦礫撤去へと向かいました。しかし、手作業の撤去自体は済んでいて、あとは重機での作業のみとの事、ボランティアセンターや地域の代表の方と連絡を取りながら近くを探すも、ほぼ手作業で行うものは済んでおり、機械での作業を残すのみ、ボランティアセンターに向かいながら指示を待ち、米崎町田んぼへ入ることになりました。
11:00過ぎ活動開始。

052901.jpg

052902.jpg 052903.jpg 052904.jpg

052905.jpg 052906.jpg 052907.jpg

052908.jpg

052909.jpg

瓦礫、どれぐらい時間がかかるんだろうかと思ったのですが。1人1人の力は小さくても、みんなで協力してできたことや、他の方々が入って作業して頂いて、この後も入ってどんどん瓦礫がきれいになっていくんだろうなという思いで参加させて頂きました。
他の県からも色々ときていて、またボランティアにこれなかった人達の思いもあって、本当に日本全体からの強い思いで、できてくるんだと、あの場所にいれただけでも、強い思いを感じました。持ち主の方々もわからないし、持ち主の方々も私たちのこともわからない、田んぼも油も入り、元に戻すまで何年もかかってしまうかもしれないけれど、色々な思いを持ち、瓦礫の撤去をさせて頂きました。最後リアカーを理事長先生と運んだとき、空がきれいだねといった時が、すごく印象的でした。(精神保健福祉士:保田)

瓦礫などと思ってはいたが、ひとつひとつにそれぞれの思い出がつまったものだと感じた。
見えない写真もあったが、自分のものであれば分かるのではという気持ちから考えすぎ、気持ちが落ち込んだときもあった。気分転換で瓦礫を投げまくった。色んな人が力を合わせて少しずつでも、気持ちがいっぱいになり頭の中が空っぽになったときもあったが、協力して一体となれたことも良かった。理事長先生の班が大きな瓦礫を一緒に片付けている様子をみて、今後の自分に役立ていきたいと思った。(臨床心理士:楠木)

一日小雨の中の活動でした。メンバー全員が泥だらけになり、大木やはじめはビクともしなかった鉄骨等協力して取り除いてしまいました。看護次長も顔に泥をつけながら、尻もちをつきながらでした。
皆、必死に作業を行いました。
永遠と続く田んぼの2反しか進みませんでしたが、いつしかこの田んぼ、畑が復活する日を…必ず復活してくれることを望んでいます。(青木)
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 東日本大震災

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://syuhokai.blog27.fc2.com/tb.php/63-2e67ff0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

Admin *  New entry *  Up load * All archives
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。