11/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

活動報告(訪問挨拶) 

スポンサーサイト

カテゴリ: 東日本大震災

comment (2) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

6月11日(活動掲載記事の紹介) 

発災より3ケ月。まだまだ、復興への道のりは長いように感じます。しかし、間違いなく少しずつ前進をしているのも確かです。
今後とも我々ができる事を支援・応援させていただきたいと思います。

今回の活動が取り上げられたものをご紹介いたします。

越谷市広報6月号
東京新聞記事
毎日新聞記事

カテゴリ: 東日本大震災

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

5月31日【こころのケア班:33日目】とボランティア班6G 

am7:30に奥州市前沢の宿を出発。
053107.jpg
【こころのケア班】は活動終了報告をするため盛岡へと向かいました。
【ボランティア班】は一路陸前高田市の〝一本松〟を経由し気仙沼、石巻と通り帰路へ

☆こころのケア班
東北厚生局岩手事務所訪問
053102.jpg
053101.jpg
谷内所長と面会し今回の活動報告と今後について意見交換を行わせていただく

岩手県精神保健福祉センター訪問
053103.jpg
高橋次長と面会。活動報告を行う。


☆ボランティア班
053104.jpg 053105.jpg 053106.jpg

053108.jpg 053109.jpg 053110.jpg

053111.jpg 053112.jpg

東北自動車道でこころのケア班とボランティア班合流し越谷へ、20:00頃到着
053114.jpg
 053115.jpg   053116.jpg
遅い時間にも多くの職員の皆様のお出迎えで最終班(医療+ボランティア)無事に到着。
中村理事長の33日間の現地での采配と心労を胴上げで称える職員。
挨拶する中村理事長。

カテゴリ: 東日本大震災

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

ボランティア班6G(5/30)  

【大船渡市起喜来 南区公民館】
炊き出し(とんかつ):140食 
食事の後は、マッサージ・ヨガ(体操)・歌等で交流をさせていただきました。
夕方はこころのケア班と合流し全体ミーティング参加。

☆トンカツ(みんな一生懸命です)
053014.jpg 053015.jpg 053016.jpg

053017.jpg 053018.jpg 053019.jpg

053020.jpg 053023.jpg 053024.jpg

             053021.jpg
≪お弁当に毎回つけさせていただいたメッセージカード、炊き出しメンバーはもちろん、こころのケアチーム、更には今回参加できなかった越谷で留守を守っていただいている職員や職員のお子さんたち(託児室 有教館)からのメッセージをつけさせていただいておりました。≫

053022.jpg避難所の方に誘われ一緒に昼食を…

☆マッサージ
053025.jpg 053039.jpg
できる事を一生懸命させていただきました。

避難所の方も唯一、今お返しできる事はとお礼に… 053026.jpg

☆ヨガ(体操)
    053027.jpg   053029.jpg
    053028.jpg   053030.jpg
みんなでリラックス、避難所の方はもちろん、お子さんも、巡視に来られたおまわりさんも…

☆歌
  053031.jpg  053032.jpg

  053040.jpg  053033.jpg
「リンゴの歌」からはじまり、千昌夫・新沼謙治、最後は「上をむいてあるこう」を皆さんと共に歌わせていただきました。昨晩歌を担当する者は特訓をし、皆で唄えるようにと歌詞カードを手作りで急遽作りました。
 
    053035.jpg    053036.jpg
いよいよお別れになりますが、以前こころのケアチームが巡回した際の写真をお渡しさせていただきました。中村理事長も訪問させていただいた際にマッサージ(肩たたき)を実施、お礼にと逆にマッサージをしていただいた事がありました。大変感謝をしそういった想いを含め写真を贈らせていただきました。

053034.jpg
最後は皆さんで集合写真です。最高の笑顔です。。。

☆メンバー一言
マッサージをした方のお話を聞いていて、37歳の方で介護士の仕事をされている方にお話を聞かせて頂いていたんですが。3~4床の部屋がナースコールがすごくなったり。数十人着ていたが、人数が減ってしまったりという話を聞いて、被災者の方はみんな元気にしていたが、本当にすごい被害だったんだなと思った。
また、小さい女の子とも話し「お姉ちゃんはどこから来たの?高いところから来たの?私の家は低いところにあったから、海にお家が行っちゃったんだ」と3歳ぐらいの子がそうした災害のことを理解していることにもビックリして。また癒しに行っているのに、癒されたり、悲しさが込み上げてきた。達成感がある1日でした。瓦礫の撤去、炊き出しをやり、全部人の手でやることによって温かさや思いが伝わるんだなと思いました。私たちの仕事も手でやる思いが伝わる仕事…帰ってからも頑張ろうと思いました。そして、こういう機会を下さった他スタッフ、家族、色んな人に感謝したいと思いました。(介護士:宮永)

歌の途中で、現地の方が被災されているのに、本当に元気で、逆にこちらが元気や勇気をもらっているようでした。こちらが与えるのに…、その姿を見ているだけでこちらが元気と勇気をもらっていて。最後「皆さんがきてくれたお陰で、私たちも元気になれました」と言ってもらえて、本当に涙が出てきた。
全国からきている警察(巡回で北海道警察)の方々などもいらしていて、そうした方々に秀峰会が加わり、現場の方々に勇気づけられ、本当にその場にいれたことを感謝しています。(事務:長尾)

053037.jpg

カテゴリ: 東日本大震災

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

5月30日【こころのケア班:32日目】  

本日は活動は巡回と最終のご挨拶、引き継ぎを主としての活動になりました。

午前:リアスホールにて 診療(0件)、引継ぎ、報告書作成、資料のコピー、リアスホール内巡回し最後の挨拶、保健所資料提出、カメリアホール巡回 館長に最後の挨拶、大船渡北小学校仮設住宅訪問 1件(O様に記念の写真をプレゼントする)
     053003.jpg  053002.jpg
【診療所内で資料作成と撤退準備をするメンバー】

午後:
①県立大船渡病院脳外科部長(救急部部長)山野目先生に報告(県立大船渡病院にて)
消防署職員の診察結果について報告書をお渡しする。山野目先生の考える陸前高田市と大船渡市の医療構造について資料をいただく(理事長と村田が出席) 他スタッフは昼食
②大船渡保健所長 鈴木宏俊氏 保健所にてご挨拶、ボランテイア班、医療班の活動報告のみをお渡しする
③大船渡市 戸田公明市長にご挨拶(市役所)
ボランテイア班、医療班の活動報告書、及び理事長報告書を提出。大船渡消防署職員こころのケアー報告書をお渡しする。市長より5月27日現在の被害状況及び5月28日付け震災復旧・復興 報告・意見書を頂き説明を受ける。
更に 茨城県坂東市にある「慈光学園」から千羽鶴
   生徳診療所のメンバーさんからの千羽鶴、
   ボランティアメンバーでの寄せ書きポスターをお渡しする。
      053001.jpg
【右から3番目大船渡戸田市長、右から4番目秀峰会中村理事長、千羽鶴とポスターをお渡しする】
  
④こころのケアチームに引き継ぎ(保健・介護センターにて)
県精神保健福祉センター保健師、国立アルコール久里浜病院、沖縄県チーム、愛知ネット(臨床心理士チーム)へ相談者一覧を提出し継続フォローを要請し、また注意点やケースについて説明する。
   053013.jpg
   【こころのケアチームミーティング風景】
⑤全体ミーティング
本日の活動報告報告。秀峰会が本日で撤退となる。皆様にご迷惑をお掛けしたことについて謝罪と共に感謝を述べると、この場にいた全ての方々から、1ヶ月間お疲れ様でしたと、拍手で送られる。
理事長の挨拶と共に壮大な拍手が起きた。とても嬉しく感動でした。
「秀峰会の活動が少しはお役に立てたのかと思う瞬間でした。」(村田)
   053010.jpg
    【全体ミーティング風景】

その後 久里浜病院の先生より、消防署員に行ったアンケート調査などの方法について、参考にさせて欲しいと申し出があり、理事長が説明、アンケートの資料などをお渡しした。地元保健所担当より、今後について大船渡消防団員の方々や、市役所の方々にもストレスチェックや面談を行いたいと提案があった。
     053038.jpg 

「今後の大船渡保健所管轄の更なるメンタルヘルスケア(こころのケア)活動に期待と活躍を信じ、約1ケ月の活動を終了させていただくことになりました。相手の方の心に寄り添うためにこの被災地に来れた事は被災された方々を少しでも理解することができ、その上で初めて寄り添う事が出来たのではないかと感じました。行動や思いを共にした行政の皆さん、各医療チームの方々、もちろん秀峰会の仲間たち、そして何よりも苦しい避難生活をされている方々、本当にありがとうございました。」(村田)

053004.jpg  053005.jpg
【ミーティング場所のボランティアセンターでは自衛隊の方々の炊き出しも…ご苦労様です。千人分のご飯だそうです、ビックリです】
053006.jpg  053011.jpg  053012.jpg
【支援期間中、宿泊先から大船渡市まで毎日この道のり通り(約2時間 約80キロ)峠を越してきました。4月下旬当初はこんなにも緑は生えていませんでした。気がつくと緑が豊かになり力強さを感じます。日本の緑は最高です】

【メンバーのコメント(一部抜粋)】
夜の法人ミーティングでは、メンバー全員が毎日のように涙を流し、自分の胸中(被災者の方々より聞いた話、見たもの、感じた事)を語り、感謝・感動の言葉が…

自信がないことで一歩ふみだせないことがあり、できない事ややれない事があった。今回来るのも凄く恐かった、話すのも恐く、今回のみなさんの姿をみて聞くことができ、必死で頑張る事、見返りではなく何が一番いいのかをみなさんに教えてもらうことができた。理事長先生から傷つけてもいいから近づいていけるのがいいんだよというのが一番の収穫で、自分のできることを必死でやっていきたいな、そこで感じる思いは、みなさんが経験されたことに通じるのかなと。職場で補う、経験できるようにがんばりたいなと思いました。理事長先生、このメンバーだったから感じられたことがあり、ありがとうございました。(臨床心理士:楠木)
                      053008.jpg
リアスホールでカルテ整理をさせて頂いたり、市役所、保健所、カメリアホールへ行きました。カルテを通じて、眠れない、色々な不安があること、ご年配の方や色々な方が、不安をもたれたり。最後の全体ミーティングに参加させて頂いて、必要なケアを話し合うことがあったが、自分の来た意味を考えていたが、小さなパイプ役になれていたらいいなと思いました。
市長さんが1人じゃないから平常心でいられるんですと話されていて、本当は3月11日は谷底に落とされた気持ちだったがと。色々震災がある中で、1人じゃない皆がいるという言葉を聞いてとても感動しました。人は1人じゃ生きられないなと思ったり、みんなでだから乗り越えられたんだと思って。今回、理事長先生初め、みなさんと出会えたことが本当に良かったし、今後の糧にしていきたいと思いました。(看護師:佐藤)
                       053007.jpg
自分の考え方。美味しいものが食べられて、屋根がある部屋に入れて、自分のものが自分のものであることが当然だというのが、幸せな環境にいるという認識をさせられたという思いがひとつ。けして人を信用しないという人間ではないが、誰かを信頼して、やる。信頼はすごく時間を作って作るものかと思っていたが、相手を思いやる気持ちがお互いあって、短い時間でもできるものなんだと思いました。沖縄県のチームの方から話しかけられて、オレンジの方いっぱいですねと言われた。ケースワーカー、OT、事務、医師、心理、こころのケアなのに、色々な職種がこられてすごいですねといわれて、自分の病院を誇らしく思えた。(精神保健福祉士:斉藤)
                       053009.jpg

カテゴリ: 東日本大震災

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

Admin *  New entry *  Up load * All archives
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。